自動車を購入するにあたって、必ず加入するのが自賠責保険ですよね。公道を走っているすべての自動車は、 こちらの自賠責保険に加入しています。また、自賠責保険のほかにも、任意で加入することができる自動車保険がありますね。

任意なので強制的に加入させられることはないですが、ほとんどの方がこちらの保険にも加入されていると思います。



保険は何かとお金がかかるものであり、毎月の保険料の支払いがキツイと感じている方もいらっしゃると思います。
そこで保険の重要性や必要性について考えていきたいと思います。


保険の役割について
車で事故を起こしてしまった場合は、自分や相手のケガの治療はもちろんのこと、壊れた車やガードレールなどの修理費用などもかかってしまいますよね。 しかし、これらの費用をすべて自分で工面すると考えるとゾッとしませんか?

これらの費用を補償してくれるのが、保険の役割です。車を所有するうえで、自動車保険は切っても切れない関係といっても過言ではありません。


任意保険の必要性について
まず、任意保険の必要性について考えてみましょう。「自賠責保険があれば、任意保険は必要ないんじゃないの?」 と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの方が加入していることを考えると、任意保険がいかに重要なのかお分かりいただけると思います。

自賠責保険は被害者救済を目的としており、補償範囲は対人のみになっています。そして補償金額も上限が4000万円となっており、 それ以上の金額や事故で壊したものは補償されません。つまり、自車であっても相手の車であっても、はたまたガードレールなどであっても 保険の対象にはならないということなのです。

それに対し、任意保険は対人・対物の賠償額が無制限のタイプも選ぶことができますし、自分の車が壊れてしまった場合の車両保険に加入することもできます。 任意とされていながらも、多くの方が加入される理由がお分かりいただけたと思います。

当店ではあいおいニッセイ同和損保の代理店として自動車保険も取り扱いしています。 お客様に必要な自動車保険の提供をしておりますので、まずはご相談ください。